トリキュラーとヤスミンどちらがよい?

トリキュラーもヤスミンも低用量ピルの1つです。どちらを利用した方が良いのかは、自分が何を求めるかで変わってきます。
トリキュラーは黄体ホルモンの量を女性本来の持つホルモンバランスに近づけた3段階の配分量になっています。女性本来のもつホルモンバランスに近付けているので副作用が少ないとされています。ヤスミンは体重の変化を出来るだけ少なくすることが出来るとされている低用量ピルです。低用量ピルは服用することで、ホルモンバランスの変化により体内に水分が蓄積されやすく体重が増加してしまうこともありました。しかしヤスミンは利尿作用があるので無駄に溜まった水分を排出することが出来、体重の増加を防ぐことが出来るとされています。ヤスミンも副作用が比較的少ないので、太ってしまう可能性が嫌な人はヤスミンの方が良いかもしれません。
トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプがありますが、21錠タイプは7日間の休薬期間、28錠タイプは7日間の偽薬の期間を設けます。ヤスミンは21錠タイプのみとなっています。休薬期間の様に薬の服用しない期間を設けてしまうと、次のシートの服用を忘れてしまう様ならば、28錠タイプのトリキュラーが適しているでしょう。
低用量ピルは毎日同じ時間に服用し、服用するシートの順番をまもることで高い避妊成功率を誇ることが出来ます。また脳が身体は妊娠したと勘違いするので吐き気や乳房の張り等、妊娠初期の症状が副作用として現れることもあります。避妊の効果と副作用が同じであるならば、太りにくい方を選ぶのか、飲み忘れを防ぐのか、という観点からも選ぶことが出来ます。しかし薬との相性もあるので、もしかすると選んだ低用量ピルが自分に合わず、副作用が強く出る可能性もあります。その場合は医師に相談し薬を変えてもらうか、副作用の症状が軽くなるような薬を処方してもらいと良いでしょう。

ページの先頭へ戻る