トリキュラーとヤスミン効果比較

トリキュラーとヤスミンはそれぞれ低用量ピルなので、女性ホルモンの増加などの効果は同じなのですが、副作用等に関しては個人差があるので、トリキュラーを服用していて、副作用の症状が多く出る場合などにはヤスミンなどの他のタイプのピルに変更して経過を観察することがあります。ピルは基本的には作用が同じなのですが、使用している人の体質によって副作用などが異なるので、医師と相談をして薬を変更することで、むくみなどの不快な症状が解消することもあります。トリキュラーは比較的安全性が高いとされるピルですが、生理周期に合わせて服用しないと避妊効果がないので医師の指導にしたがって服用する必要があります。飲み忘れをしてしまう女性が多いので、毎日服用できるタイプも販売されているので、生理周期などを考えずに服用したい場合には28錠入りのタイプを処方してもらうと服用が簡単になります。副作用に関してはむくみなどが多いのですが、他のピルにすると副作用が出なくなることもあります。様々なタイプのピルを試してみて一番相性の良いものを継続して服用すると避妊を長く続けることができます。低用量ピルは安全性が高いとされていますが、血栓症のリスクが高まるので重篤な症状が出る場合があります。ピルを服用する場合には水分摂取を十分にして、タバコや過度のアルコール摂取に気をつける必要があります。とくに35歳以上の女性が服用する場合には血栓症のリスクが2倍近くになるので注意が必要とされていて、病院によっては喫煙をする35歳以上の女性にはピルを処方しない場合もあります。血栓症はピルによって女性の体が妊娠状態になることで起きるので、あまり恐れる心配はありませんが、初期症状を知っておくとリスクを回避できます。

ページの先頭へ戻る