トリキュラーの口コミにあるモーニングアフターピル

トリキュラーは生理の初日から飲み始めることで、計画的な避妊ができるピルのひとつです。三相性タイプなので、ホルモン量が調節されており、より自然なホルモンバランスになることで、体への負担が極限まで抑えられています。21錠と28錠のタイプが存在し、どちらを使用しても毎日飲むことで、99.9%の避妊が成功します。ただし、1日でも飲み忘れがあると翌日からはほとんど避妊効果がなくなるので、忘れないようにチェックすることが大切です。万が一でも避妊が失敗した人は、モーニングアフターピルの使用が必要となりますが、ネットの口コミなどではトリキュラーで代用できるという書き込みもあります。モーニングアフターピルは中用量ピルを用いて強制的に消退出血を起こして妊娠を回避するものですが、配合されたホルモン量が同じであれば、トリキュラーでも可能となります。口コミには使用量などは書かれていないことも多いので、気になる人はこの方法で行ってみると良いでしょう。トリキュラーのシートに書かれた12~21日目の黄色の錠剤を2錠飲み、12時間後に同様に2錠を服用します。計4錠でエチニルエストラジオール0.12mgとボノルゲストレル0.5mgが含まれるため、モーニングアフターピルに近いホルモンバランスになるはずです。ただし、まったく同じ量になるわけではなく、さらに緊急避妊が100%できるわけではないので注意しましょう。口コミで書かれていても代用にしかならないので、本来であれば産婦人科などに行って、正しい薬を処方してもらうのが一番です。服用方法を間違えると全く効果が出ないばかりか、体に悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

ページの先頭へ戻る